太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電は、シリコン半導体などに光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを電気に変換する発電方法です。地球に降り注ぐ太陽光はどれだけ使っても枯渇しないため、世界中で導入が進み、国内では最も導入されている再生可能エネルギーです。
リニューアブル・ジャパンは太陽光発電所の開発、発電、運営・管理 を一貫して手掛けています。

太陽光発電の特徴

  • 発電時にCO2などを発生せず、回転・振動する機械も無いクリーンで静かな、環境にやさしい発電方式です。
  • 天候や季節により発電量に変化が生じる出力変動の大きいエネルギーとされてきましたが、最近では電気を溜める蓄電技術や、水素など別エネルギーへ変換させる技術なども注目されています。
  • 送電設備のない遠隔地(山岳部、農地など)の電源として活用でき、また災害時の非常用電源としても利用可能です。

太陽光発電の仕組み

現在主流であるシリコン系太陽電池の構造は、電気的な性質の異なる「n型」、「p型」の2種類の半導体を重ね合わせています。太陽光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生し、電子は「n型」半導体側(表面)、正孔は「p型」半導体側(裏側)へ引き寄せられ、表面と裏面につけた電極に電球やモーターのような負荷をつなぐと電流が流れる仕組みです。

太陽光発電所ができるまで

候補地の発掘から、売電開始後の事業管理まで全てのフェーズに携わっています。

1

事業計画の策定

  • 立地選定、用地交渉
  • 現地調査
  • 発電所の基本設計
2

開発協議

  • 地方自治体への行政許認可協議
  • 電力会社との系統連系協議
  • 地元に対して事業計画の説明
3

工事

  • 発電所設備の詳細設計
  • 土木工事(造成や調整池の築造など)
  • 電気工事(太陽電池、パワーコンディショナ、受変電設備の設置など)
4

運転開始

  • 各種検査、試運転
  • O&M等、事業管理体制の整備

太陽光発電所

静岡県伊豆の国市

静岡県伊豆の国市1

設備容量

11.3MW

京都府南丹市

京都府南丹市1

設備容量

14.5MW

三重県四日市

三重県四日市市1

設備容量

10.5MW