風力発電

風力発電

風力発電は、発電時に温室効果ガスやCO2を排出しないクリーンなエネルギーとして世界中で導入が進んでいます。
日本でも、陸上風力だけでなく、海に風車を設置する洋上風力が注目され、普及拡大に向けた取り組みが行われています。
リニューアブル・ジャパンは、今後も電力の安定供給に向け、積極的に風力発電所の開発に取り組んで参ります。

風力発電の特徴

  • 風を利用した発電方法のため、資源が枯渇することはありません。
  • 太陽光発電と異なり、風が吹いていれば昼夜問わず発電が可能です。
  • 発電効率の水準は水力発電に次ぐ高さを有しています。

風力発電の仕組み

ブレードと呼ばれる風車の羽の部分が風を受けることにより、
回転エネルギーが発生します。

この回転エネルギーはナセルの内部にある増速機に伝えられ、発電に必要な回転数まで増速された後に発電機で電気に変換されます。(増速を用いずに、ブレードと発電機が軸(ローター)を介して直接接続されているタイプの風車もあります)
また、ナセルの内部にはブレーキ装置も設置されており、点検や台風の際など必要に応じて風車を止めることができます。